腰痛マットレスの選び方

腰痛軽減に効果があるマットレス選び

寝心地で選ぶ

腰痛軽減に効果が期待できるマットレスですが、さまざまな種類があるので、腰痛対策にはどういったマットレスを選ぶのが正解なのかわからないという人も多いでしょう。

そこでここでは腰痛マットレスの選び方を紹介します。腰痛マットレスを選ぶ際にポイントとなるのは、なんといっても「寝心地」です。どんなに腰痛に効果があるといわれても、寝心地が悪いと感じてしまうようであれば本末転倒。マットレスには、バネ状のコイルを使用するコイルマットレスと、コイルを使用しないノンコイルマットレスの2タイプが存在しますが、コイルの有無に関係なく寝心地の大半はどちらのタイプのマットレスにも使用されるウレタンやラテックスなどの詰め物素材によるところが大きいです。

詰め物素材の種類やボリューム、厚み、組み合わせなどによって「やわらかめ」「硬め」など、寝心地が変わってくるので、実際に店頭などで寝心地を試させてもらうのが確実です。腰痛マットレスとして選ぶのであれば、寝心地はある程度硬めのものがおすすめです。

ただし、腰の部分に隙間ができてしまうくらい硬いのはNG。体が沈み込み過ぎない程度の、程よい硬さのものを探しましょう。複数のウレタン素材を組み合わせるなど、ある程度詰め物に厚みがあるマットレスなら、ほどよい硬さであるものが多いです。

値段もチェック

また寝心地以外で気になるのが予算です。基本的に、コイルマットレスとノンコイルマットレスでは、ノンコイルのもののほうが値段は安いことが多いです(上質な詰め物を使用している場合は、コイルマットレス以上に高額なものもあるので一概にはいえませんが)。

特にウレタンをメインで使用しているノンコイルタイプのウレタンマットレスはお値段も比較的手頃で、腰痛マットレス初心者でも選びやすいのではないでしょうか。ただし、コイルマットレスに比べるとノンコイルのウレタンマットレスは耐久性が低いものが多いので、耐久性もしっかりチェックして選びます。

ウレタンマットレスの耐久性は、ウレタンの密度「D(kg/m3)」が目安となり、数値が大きいほど耐久年数が長くなります。