マットレスの種類と腰痛への効果

体圧を細かく分散させてくれるマットレスとは

寝具としてのマットレス

寝具として使用する「マットレス」。

通常はベッドの上に置いて使用します。敷布団がわりにマットレスを床に直置きするという人もいますが、湿気がこもりやすくカビの発生やホコリがたまりやすいなどのデメリットも多いので、直置きの場合は多少使い方に注意が必要です。

さて、そんな身近な寝具の一種であるマットレスですが、マットレスの中にもさまざまな種類があります。そこでここではマットレスの種類を腰痛などへの影響なども踏まえながら紹介します。

コイルの有無

マットレスにはバネのような「コイル」を使用したコイルマットレスと呼ばれるものと、コイルは使用せずにウレタンやラテックスなどを詰め物として使用するノンコイルマットレスと呼ばれるものがあります。

ただし、コイルマットレスでも、実際にはコイルの上にウレタンやラテックスなどのノンコイル素材が組み合わせられているため、寝心地としてはコイルマットレスとノンコイルマットレスではあまり違いが感じられない場合もしばしばです。ただし、コイルマットレスはノンコイルマットレスとくらべて点で支える構造がしっかりしていたり、バネによる柔軟なサポートが可能など、腰痛マットレスとしてはノンコイルマットレスよりも優秀なものも多いです。

ただし、ノンコイルマットレスでも、しっかりとしたウレタンの多層構造などで、体圧分散をしっかりとさせる仕組みが作られているものは、コイルマットレスと同等もしくはそれ以上の腰痛軽減効果が期待できるものもあります。ちなみに、コイルマットレスには、バネが面で繋がっている「ボンネルコイル」というタイプと、ひとつひとつのバネが独立している「ポケットコイル」のマットレスがあります。頑丈さではボンネルコイルマットレスがおすすめですが、コイル同士が繋がってしまっているため、横揺れなどが気になったり、面で身体を支えることになるため、腰痛軽減効果はやや弱い可能性もあります。

ノンコイルマットレスでも、コイルマットレスでも、マットレスに腰痛緩和・腰痛軽減の効果を期待するのであれば、しっかりとしたつくりで、かつ体圧を細かく分散させることができるものを選ぶ必要があります。